Doorkeeper

OSSワークフロー対決!「Liferay vs Alfresco」

2015-09-16(水)18:15 - 20:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

12人の参加者

すべて見る
9人のアカウント非公開の参加者

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




本セミナーのメリット

・2つのオープンソース(OSS)製品、LiferayとAlfrescoについて、知ることができます。
・ワークフロー機能について、どのようなケースでどちらのOSSが適しているのか、知ることができます。

本セミナーの対象者

・SIerのエンジニア、マネージャーの方。
・ユーザ企業 情報システム部門の方。
※技術的な知識は不要なので、営業担当の方、マネージャーの方でもご参加頂けます。

Liferayとは

・LiferayはWebシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。
・ポータルを実現するためのフレームワーク、およびそのフレームワーク用に開発されたポートレット(機能部品)、及びポートレットの開発環境から構成されています。
・LiferayはJavaで実装されており、JBoss, Apache Tomcat, WebSphereなど多くのアプリケーションサーバやWebコンテナ上で動作します。
・ユーザ/組織管理、Webページ管理、アクセスコントロールなど一般的にWebサイトで使われる多くの機能が標準で搭載されているほか、ドキュメント管理やカレンダー、ブログ、掲示板など、すぐに使えるポートレットが60以上用意されています。ポータルとしてすぐにご利用頂けます。

Alfrescoとは

・Alfrescoとは、オープンソースのドキュメント管理ツールであり、クラウド時代の「エンタープライズ・コンテンツプラットフォーム」です。
・Alfrescoプラットフォームでは、シンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルに至る、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。
・Alfrescoに内蔵されているワークフローを使えば、書類を多用するビジネスプロセスを自動化して、より効率的に、かつ正確に業務をこなせます。
・Alfrescoのコラボレーション機能により、ファイアウォールの内側はもちろん、外側でも安全に共同作業を行えます。
・クラウドとの同期によるインターネット上でのドキュメント共有や、スマートフォンやタブレット端末からのドキュメント参照が可能です。

ワークフロー対決!

今回は、LiferayとAlfrescoのワークフロー機能について比較し、解説致します。
ワークフローに求められるそれぞれの機能について、LiferayとAlfrescoの実装状況を解説し、さらにどのようなシーンではどちらの製品を使うべきか、といった内容についてご説明します。

プログラム

 18:00~18:15 受付
 18:15~18:50 「Liferay vs Alfresco」ワークフロー機能比較
 18:50~19:00 休憩
 19:00~19:30 Alfrescoによるドキュメント管理事例紹介と、Alfresco+Liferay連携
 19:30~20:00 質疑応答、アンケート

主催

株式会社ヴィセント
(協力)株式会社オープンソース活用研究所

※席に限りがありますため、Alfrescoパートナー様、Alfresco事業者様、個人の方のご参加はご遠慮頂く場合がございます。また、申込多数の場合はユーザ企業様を優先させて頂きます。予めご了承下さい。
※ご登録いただいた個人情報は、当社にて厳重に管理します。個人情報は、当社や当社サービスに関するお知らせ、オープンソースに関する情報提供に利用します。個人情報は当社パートナーと共有することがあります。当社パートナーへの共有を除き、第三者には提供致しません。

コミュニティについて

企業ユーザのためのAlfrescoユーザコミュニティ

企業ユーザのためのAlfrescoユーザコミュニティ

Alfrescoとは、オープンソースのドキュメント管理ツールであり、クラウド時代の「エンタープライズ・コンテンツプラットフォーム」です。 以下の特徴があります。 ・Alfrescoプラットフォームでは、シンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルに至る、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。 ・Alfrescoに内蔵されているワークフローを...

メンバーになる